またまた5G対応機種でコスパ最高のXiaomi Redmi Note 9Tが登場です

Xiaomi Redmi 9Tに続き、SoftbankからキャリアスマホとしてXiaomi Redmi Note 9Tが新発売になりました

日本ではじめてDimensity 800Uを搭載した低価格の5G対応機種となります

また国内版は、Xiaomi機初のFeliCa対応機となります

自分は理由があってグローバル版を購入しました

《Xiaomi Redmi Note 9T》の世界へようこそ

ビジュアルマニュアル集

Xiaomi Redmi Note 9Tがおすすめの理由

5G機種でコスパが最高

コスパ:コストパフォーマンス(cost performance)の略語。費用対効果

支払った費用(コスト)と、それにより得られた能力(パフォーマンス)を比較したもので、低い費用で高い効果が得られれば「コスパが高い」と表現される

 

■費用(価格):21,600円(税込)と、とにかく安い

5G対応の機種です

スマホとして数年前には考えられない価格です

でも、安かろう悪かろうではないところがXiaomi Redmi Note 9Tの魅力の一つです

 

■能力:普段使いには問題ない性能
  • MediaTek Dimensity 800U CPU:オクタコアCP
    最大2.4GHz フラッグシップ級の7nm製造プロセス
  • 6.53インチ FHD+ ドットディスプレイ
  • メインカメラ:48MP +2MP + 2MP
    4K動画撮影 30fps
    スローモーション動画960fps、1080p/720p
  • バッテリー:5,000mAh
  • ストレージとRAM:4+64GB

 

■長持ちする

800回繰り返し充電しても劣化の少ないバッテリー

毎日充電しても2年以上は劣化しない

ということは生涯コストが安くなることに繋がります

生涯コスト(ライフサイクルコスト)

価格だけではなく、ランニングコストを含めた総支払い金額をいます

買い替え時の理由の多くはバッテリー寿命だと思います

ある調査によると買い替え理由のTOP2

  1. バッテリーの消耗が激しくなった
  2. スマホが壊れた

だそうです

壊れた場合には仕方がありませんが、バッテリーの消耗時にはは交換できない機種が圧倒的に多いので困ります

だから長持ちするバッテリーの機種を選ぶことは重要になります

 

Xiaomi社について

 

Xiaomi(シャオミ)は、創業9年を迎えた新興メーカー。

スマートフォンに加え、Wi-Fiルーター、スマートバンド、ワイヤレスイヤフォン、ロボット掃除機、スマートTV、モバイルバッテリーなど、幅広い家電製品を手掛けている。

2017年には15億USドルの売り上げを突破した。

他社を見ると、Googleは売り上げ15億ドルの突破に9年、Facebookは12年、Appleは20年かかっており、7年で突破したXiaomiの急成長ぶりがうかがえる。

スマートフォンは世界80カ国に進出しており、うち42カ国でトップ5のシェアを獲得。

世界全体で見ると、XiaomiはSamsung Electronics、Huawei、Appleに次ぐ4位。

2018年に進出した西欧市場もシェア4位に上り詰めた。

IoTにも注力しており、スマートフォンと連携できる家電を増やすべく、パートナー提携にも努める。直近ではIKEAやフィリップスと提携し、これら2社の家電をXiaomiの「Mi Home」アプリから操作できるようにした。

 

Xiaomi社スマホの過去の体験

2月26日からSoftbankでXiaomi Redmi Note 9Tの販売を開始しました

5G対応機種ですが、価格は21,600円です

2021年の価格破壊スマホです

カラーはナイトフォールブラックとデイブレイクパープルの2種類です

これまでにXiaomi Redmi note 7Xiaomi Redmi note 8 を持っていましたが、昨年の2020年にXiaomi Redmi Note 9S を購入しています

2021年になって2月に発売されたXiaomi Redmi Note 9Tも購入しました

このXiaomi Redmi 9TもXiaomi Redmi Note 9Sと同様に、楽天UN-LIMITのSIMが利用できますので合格です

そして続いて発売されたXiaomi Redmi Note 9Tを購入しました

ただし、Softbankから発売されたSIMロック機種は選びませんでした

選ばなかった理由

  • SIMが1枚だけ(2枚目が塞がれている)
    美しくない
    SIMが2枚入らないと不便
  • SIMフリーでない(解除はできます)
  • 契約とセット販売(機種だけでも買えるそうです)

ということで、グローバルバージョンを購入しました

ただし、残念ながらおサイフケータイ機能は使えないようです

スマホでHave a nice day!(楽しい毎日を)

 

Xiaomi Redmi Note 9Tの仕様比較

Xiaomi Redmi 9Tと比較してみます

製品Xiaomi Redmi Note 9T 5G
(グローバル版)
Xiaomi Redmi 9T
(日本版)
発売日2020/1月2020/2/5
OSAndroid 10Android 10
microSD
ストレージ
最大512GB
独立
最大512GB
独立
SIMDSDV対応
トリプルスロット
DSDV対応
トリプルスロット
認証指紋認証(側面)
顔認証
指紋認証(側面)
顔認証
CPUMediatek Dimensity 800USnapdragon
662
RAM4GB4GB
ROM64GB64GB
ディスプレイ6.53インチ6.53インチ
解像度2340x10802340x1080
背面
カメラ
4800万画素(メイン)
200万画素(マクロ)
200万画素(深度)
4800万画素(メイン)
800万画素(超広角)
200万画素(マクロ)
200万画素(深度)
前面
カメラ
1300万画素800万画素
コネクターUSB Type-CUSB Type-C
電池容量5000mAh
大幅な劣化なしに約3年間使用
6000mAh
大幅な劣化なしに約4年間使用
サイズ161.9mm
×77.3mm
×9.1mm
162.3mm
×77.3mm
×9.6mm
本体カラーナイトフォールブラック
デイブレイクパープル
オーシャングリーン
カーボングレー
重量199g198g
価格2万円台17,490円
BAND5G:1/3/5/7/8/20/28/
38/41/77/78/79
4G:B1/2/3/4/5/7/8/
12/17/18/19/20/26/
28/32/38/40/41/42
4G: FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/
18/19/20/26/28
動画4K動画撮影 30fps
1080p 動画撮影 30/ 60fps
720p 動画撮影 30fps
スローモーション動画
120fps、1080p/720p
1080p: 1920x1080 (30fps時)
720p: 1280x720
(30fps時)
タイムラプス動画
スローモーション動画
120fps、1080p/720p
オーディオデュアルスピーカー
3.5mm イヤフォンジャック
デュアルスピーカー
3.5mm イヤフォンジャック
Hi-Res Audio 認証
備考NFC support

 

Xiaomi Redmi Note 9Tの特徴

  1. コストパフォーマンスが良い
    5G対応機種
    価格が安い
  2. 最大4,800万画素の背面4眼カメラ
  3. 5,000mAhという大容量バッテリー
  4. ステレオスピーカー
  5. FHD+画面
    デュアルSIM(トリプルスロット)
    イヤホンジャック付
    赤外線ブラスター
    512GBのSDカード利用可

 

イメージ

 

《Xiaomi Redmi Note 9T》の世界へようこそ

ビジュアルマニュアル集