Xiaomi Mi 11 Lite 5G で、キーボード入力をフリック入力に設定します

キーボード入力はフリック入力がスピーディーでオススメです

フリック入力は
「さ」を長押しすると上図のように行がすべて現れるので、
左移動で「し」右移動で「せ」というように
指を移動するだけで「さ行」が選べます

慣れると素早く入力ができますのでオススメです
従来のトグル入力

さ行の「そ」を入力する場合、「さ」を5回タップします

この場合「ささき」を打とうとすると「さ」と「さ」の間で暫く待つ必要があります

すぐに打ち続けると「し」になるからです

フリック入力はそのような問題をなくせます

 

フリック入力の設定

メモ帳などを利用してキーボードを出します
設定アイコン(歯車マーク)をタップします

NEXT
語をタップします

NEXT
日本語 12キーをタップします

NEXT
フリックのみをタップします

以上で完了です

 

まとめ

フリック入力がOFFの場合、従来の携帯(ガラケー)と同様 トグル入力になります

トグル入力では、「さ」を入力(タップ)するたびに「さ」「し」「す」「せ」「そ」と進みます

したがって「ささき」と入力すると「しき」となります

フリック入力がONの場合、それがなくなりますので「ささき」と入力すると「ささき」となります
フリック入力は慣れれば入力スピードが速くなるのでおすすめです