格安SIMを利用した2018年度のスマホ料金実績です:レビューして気をつけるべき点を説明します

2018年度の自分のスマホ料金を確認してみました

基本料金をオーバーした月の、その詳細について説明します

基本料金

基本料金は「10分かけ放題」+2GBの通信量なので、1,600円です

楽天モバイルという格安SIM会社と契約しています

下記に記載されているように割引額が計1,500円であることが料金が安い大きな理由です

これで月々の基本料金は1,600円(税込み)です

スーパーホーダイプランSというのは

  • 電話が10分まで無料
  • 通信容量は2GB /月

です

この範囲であれば月々1,600円(税込み)ですみます

 

通信容量

通信容量に関しては自宅がWi-Fi環境なので2GBでも充分で、毎月大幅に繰り越しています

 

料金実績

冒頭の料金グラフの元データです

基本料金1,600円を越えた月があるのでそのうち11月分の理由を明確にします

 

追加料金の内容

追加料金の理由には2種類あります

  • 楽天モバイル通話料・付加サービスご利用料金
    10分まで無料サービスを利用しないときです
    標準電話アプリで電話したときです
    40円/分の料金がかかります
  • 楽天でんわby楽天モバイル(通話料)
    10分まで無料サービスを利用したときに10分を超えたときの料金です

 

10分かけ放題オプションとは

10分以内の通話なら何度かけても国内通話料が無料になるサービスとなります。
※850円/月額
※10分を超えた場合には、10円/30秒の通話料金が発生いたします。

 

11月分請求の内訳です

① 1,009円の内訳

楽天モバイル通話料・付加サービスご利用料金
10分まで無料サービスを利用しないときです

すなわち以下の専用電話アプリを使わないで、うっかりして標準アプリを使ったときです

② 313円の内訳

楽天でんわby楽天モバイル(通話料)

10分まで無料サービスを利用したときに10分を超えたときの料金です

専用アプリを使ったのですが、10分を超過したときの料金です

 

まとめ

レビューして気をつけるべきことが明らかになりました

  • 専用アプリを使う
    電話番号の頭に003768を自動でつけてくれます
    手動でつけても有効です
  • 10分超過しないようにする

これを守れると基本料金で済みます

以上です

 


 

Follow me!