アリータ: バトル・エンジェルが2/22公開です:日本のSFコミック「銃夢」がジェームズ・キャメロン監督によって映画化!

読みたいところへジャンプ:

『アリータ: バトル・エンジェル』は日本のSFコミック木城ゆきとによる漫画作品『銃夢』を、『アバター』『タイタニック』のジェームズ・キャメロンが“究極の映像体験”に仕上げた映画です

あらすじ

数百年後の未来。サイバー・ドクターのイド(クリストフ・ヴァルツ)は、アイアン・シティのスクラップ置き場でアリータ(ローサ・サラザール)という意識不明のサイボーグを見つける。

目を覚ましたアリータは、一切の記憶をなくしていた。だが、ふとしたことから並外れた戦闘能力を秘めていることを知り、なぜ自分が生み出されたのかを探ろうと決意する。

やがて、世界を腐敗させている悪しき存在に気付いた彼女は、立ち向かおうとするが……。


目が不自然に大きい!主人公アリータ役をつとめたのがローサ・サラザールです

実際はそんなに大きくはないのでCG(コンピューターグラフィック)で編集しているのでしょう

引用:instagram

 


予告動画1

 


予告動画2

約2,000,000回視聴されています

 

予告動画3

ジェームズ・キャメロンコメント入りです

 

2/22(金)公開です