新発売で大人気の《Xiaomi Redmi Note 9S》と《Xiaomi Mi Note 10 Lite》の購入にあたっての注意すべき2点を解説します

新発売の《Xiaomi Redmi Note 9S》と《Xiaomi Mi Note 10 Lite》が大人気です

Xiaomi(シャオミ)社は中国のスマホメーカーですが最近は家電メーカーとしても展開しています

性能の割には価格が安い、すなわちコストパフォーマンスがいいことで知られています

そのXiaomi社から、スマホ2機種が国内で販売開始になりました

新発売のXiaomi社2機種の価格は以下のとおりです

■Xiaomi Redmi Note 9S:29,800円

Xiaomi Redmi Note 9Sの仕様←クリック

製品Redmi
Note 9S
(日本版)
発売日2020/6/9
OSAndroid 10
microSD
ストレージ
最大512GB
SIMDSDV対応
認証指紋認証
顔認証
CPUSnapdragon
720G
RAM4GB/6GB
ROM64GB/128GB
ディスプレイ6.7インチ
解像度2400×1080
背面
カメラ
48MP(メイン)
8MP(広角)
5MP(マクロ)
2MP(深度)
119°広角
マクロ撮影
10倍デジタルズーム
PDAF
前面
カメラ
16MP
コネクターUSB Type-C
電池容量5020mAh
サイズ165.75
×76.68
×8.8mm
本体カラーAurora Blue, Glacier White, Interstellar Black
重量209 g

Xiaomi Mi Note 10 Lite:44,800円

Xiaomi Mi Note 10 Liteの仕様←クリック
製品Xiaomi
Mi Note 10
Lite
発売日2020/6/9
OSAndroid 10
microSD
ストレージ
なし
SIMDSDV対応
認証画面内指紋認証
顔認証
CPUSnapdragon 730G
RAM6GB / 8GB
ROM64GB/128GB
ディスプレイ6.47インチ
解像度2340×1080
背面
カメラ
64MP(メイン)
8MP(広角)
5MP(マクロ)
2MP(深度)
119°広角
マクロ撮影
10倍デジタルズーム
PDAF
前面
カメラ
16MP
コネクターUSB Type-C
電池容量5260mAh
サイズ157.8
x 74.2
x 9.7mm
本体カラーミッドナイトブラック
グレイシャーホワイト
ネビュラパープル
重量204g

この価格帯では、コストパフォーマンスが群を抜いていると思います

Xiaomiブランドが浸透すれば大人気機種になると思います

 

すでにエディオンなんば本店ではXiaomi Redmi Note 9Sが品切れで入荷待ちです

OCNモバイルONEサイトでもXiaomi Redmi Note 9Sが品切れになっています

 

 

注意する点

Xiaomi Redmi Note 9S、Xiaomi Mi Note 10 Liteを購入するにあたって注意するべき点が2点あります

 

1.ストレージ容量が2種類あります

Xiaomi Redmi Note 9S、Xiaomi Mi Note 10 Lite ともに、以下の2種類が存在します

  • RAM4GB/ROM64GB
  • RAM6GB/ROM128GB

エディオンなんば本店とヨドバシカメラ梅田店で販売している機種はいずれも、RAM6GB/ROM128GBタイプでした

エディオンなんば本店で販売中のXiaomi Redmi Note 9S

 

エディオンなんば本店で販売中のXiaomi Mi Note 10 Lite

 

一方、本サイトの中で紹介しているOCNモバイルONEで爆安で販売している機種はRAM4GB/ROM64GBでした

記事 → クリック

 

2.対応バンドが2種類あります

グローバル版と国内版とでは対応している周波数(LTEバンド)が異なります

 グローバルモデル日本国内モデル
バンド1
(2100)
(ドコモ・au・ソフトバンク)
バンド3
(1800)
(ドコモ・ソフトバンク・楽天)
BauuNドコモ 8
(900)
(ソフトバンク)
バンド18/26
(800)
(au・楽天)
-
バンド19
(800)
(ドコモ)
-
バンド21
(1500)
(ドコモ)
--
バンド28
(700)
(ドコモ・au・ソフトバンク)
バンド41
(2500)
(au・ソフトバンク)
-
バンド42
(3500)
(ドコモ・au・ソフトバンク)
--

このことが重要になるのは楽天UN-LIMITのSIMの利用を考えておられる場合です

第4のキャリアである楽天モバイルには自社回線とパートナー(au)回線の2種類があります

それはバンド3およびバンド18/26です

購入する機種が、この両方に対応していれば問題なく利用できます

国内版のXiaomi Redmi Note 9SとXiaomi Mi Note 10 Liteは対応していますが、グルーバル版では対応していません

グローバル版のXiaomi Redmi Note 9SとXiaomi Mi Note 10 Liteはパートナー(au)回線が利用できないということになりますので注意が必要です

 ドコモauソフトバンク楽天
バンド1
(2.0GHz)
-
バンド3
(1800MHz)
-
バンド8
(900MHz)
---
バンド18/26
(800MHz)
--
バンド19
(800MHz)
---
バンド21
(1.5GHz)
---
バンド28
(700MHz)
-
バンド41
(2.5GHz)
--
バンド42
(3.5GHz)
-

 

まとめ

Xiaomi社から新発売された2機種は、価格の割には高スペックです

おまけに1年間無料で利用できる楽天モバイルのSIMが使えます

このことが広まれば2020年度の格安スマホNo.1になることでしょう

*注
国内版ではOKですが、Amazonやメルカリで販売されているグローバルバージョンでは楽天モバイルのパートナー(au)回線が使えませんので注意が必要です